Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア チューク州 観光)のメモ

iOS11になって動かなくなった32bitのアプリのデータを吸い出す

簡単に言うとiOS11以降に動かなくなった32bitのアプリのデータをバックアップデータから吸い出した。

 

時系列順に書くと

1、iPhone SE(iOS10)が水没

2、非正規の修理店(スマホスピタル)に持っていく

3、基盤を乾かしてもらって、画面を交換したがうまく動かない。修理不可判定

4、中身の基盤はなんとか生きていたので画面は動かないがパソコンでバックアップをとることに成功

5、新しいiPhoneSEにバックアップデータを移す

6、新しいiPhoneは新規起動のため、最新のiOS11をダウンロードして起動

7、新しいiPhoneにバックアップデータを復元

8、iOS11なので32bitのアプリが動かない

9、動かなくなったアプリの中で、どうしてもデータ復元をしたかったアプリがある。

パスワードをかけるタイプの隠しフォルダアプリで、中には人に見られたくないデータやクレジットカード番号や会員登録のパスワードなどの記録が残っていた

10、iPhoneの画面ミラーリングなど試すも、古いiPhoneは画面が壊れているので無理

11、新しいiPhoneのダウングレードも不可

 

という感じで、どうしても32ビットアプリを起動するために方法を考えた

・古いiPhoneを修理 → 修理できたとしても1,2万円かかる。しかも操作できる保証はない

・iOS10以前のiPhoneにバックアップデータを復元 → 実際にiOS10のiPhone5Sに復元を試みたが「 iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」というメッセージで復元不可。ネットで調べた方法(iTunesの設定やバックアップデータの削除)など全てやってみるが復元不可

 

そこで調べてたどり着いたのがこのパソコンのアプリケーション

 

https://www.imobie.jp/phonerescue/ios-data-recovery.htm

 

バックアップデータがパソコン内にあることが条件だがアプリ内のキャッシュまですべて復元ができた

復元するには有料会員になる必要があるが、約5000円。大事なデータが取り出せたことを考えると安い出費だ。