Travel Kurarin

旅行ガイドブック出版社サラリーマンの旅のメモと青年海外協力隊(2018年1次隊、ミクロネシア チューク州 観光)のメモ

青年海外協力隊 駒ヶ根訓練所 まとめ 【JICA、服装、持ち物、食事、語学授業、授業、遊び、バス】

2018年1次隊として駒ヶ根訓練所に参加

ミクロネシア派遣、職種:観光、2018年4月5日~6月13日)

 

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
にほんブログ村

 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180423082831j:image

駒ヶ根訓練所全景。ドローンで撮影。

 

青年海外協力隊の受験、面接対策について

書類~面接まで、完全攻略を目指した記事はこちら。

kurakurakurarin.hatenablog.com

 

駒ヶ根訓練所での生活詳細(日記)

毎日、簡単につけた日記は下記リンクからどうぞ。あまり細かい詳細は書いていないが(このまとめ記事にまとめています)訓練の様子はわかるかと。

 

駒ヶ根訓練所 1週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

kurakurakurarin.hatenablog.com

駒ヶ根訓練所 3週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

駒ヶ根訓練所 4週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

 

kurakurakurarin.hatenablog.com

駒ヶ根訓練所 6週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

駒ヶ根訓練所 7週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

kurakurakurarin.hatenablog.com

駒ヶ根訓練所 9週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

駒ヶ根訓練所 10週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

駒ヶ根訓練所 11週目【JOCV、青年海外協力隊、JICA】 - Travel Kurarin

 

自主講座

訓練生自らが講師となって自主的に授業を行うことができる。それを自主講座と呼ぶ。今回は環境について、音楽、美術、衛生、日本語、先生関係、ブログ書き方などの自主講座が行われていた。

もし、なにかしてみたいと思う人はやると面白い。参加者からお礼を言われると楽しい。準備は面倒だが、本当に参加者にとって有益な場合は、すごく感謝してもらえる。

俺は4月の後半という訓練中の早い段階で旅テクニックの自主講座を行った。1人でやったわりに125人くらい参加してくれて、びっくり。JOCAスタッフは過去最大級と賞賛してくれた笑

f:id:kurakurakurarin1991:20180624154306j:plain

訓練終了後にも、この自主講座の内容を参考にしてくれる人も多かったので、すごくやってよかったと思っている。

自主講座の内容は下記からどうぞ。旅テクニックについて詳しくまとめています。

kurakurakurarin.hatenablog.com

 

訓練所生活についてのTIPS

 

●公式行事用の服装は厳格に規定されているが、微妙じゃね?って人はちらほら居た。特に注意されている様子はないが、ほぼ全員がきちんと規定通りの服装なので、素直に従うべき。ただし、ご接見時には厳密で、注意されている人がいた。

 

●皇太子殿下とのご接見時には、髪は長くてもボサボサでなければいいし、ひげも生えていても大丈夫。ただし、長さをそろえるなど、整える必要はある様子。

 

●講堂で行う全員授業では、授業中の態度がチェックされている。ほとんどの訓練生は知らないが、名簿でチェックがされている。寝ていたり、携帯をいじっていたり、他の勉強をしていたり。あまりひどいと、呼び出されて怒られる。最悪、派遣の可否にも影響がある。

 

●語学用の服装は「失礼のない格好で」と書かれているが、実際はゆるい。最低でも襟がついていて、靴をはいていれば問題なしという感じ。最終的には俺はアロハシャツで受けていた。

 

●任国リーダーはやった方がいい。俺はやった。特に作業的にやることはほぼないので楽。最大の利点は皇太子殿下とのご接見のときに必ず話すことができる。
 

●任国の民族衣装があると、訓練中に重宝する(学校交流などで)
俺の場合はミクロネシアはアロハシャツなので、お気に入りのアロハシャツを持って行って使った。
といっても、ほとんどの国の民族衣装は普通持っていないと思うので持っていない人は
訓練所で借りることができる。

 

●訓練生の誕生日、先生へのお礼カード、などで装飾する機会が多いので
色鉛筆とかマスキングテープとかあると便利。

 

●生活班で決めなくてはいけない係がある。

どれも面白い係だが、正直に言うと何もやらないのも良い。体育系隊員なら体育係はお勧めだが、そうじゃければ他はあまりやらない方がいい。というのも、語学が忙しかったり、他にやること、やりたいことがあるなかで係をするのは面倒だ。ここにない係やボランティアなども、訓練中にはあとから出てくるので見極めることが大事。俺はなにもしたくなかったが、人数の関係上仕方なく全体日直をやった。


班長→生活班の班長班長会議に出席する。連絡事項などを伝達する。悪事があったときに注意する。飲み会に積極的参加するポジション。やること多いけど、班員からは慕われる。
班長→基本、班長と同じ。やること多いけど、班員からは慕われる。班長とはパートナー。
体育委員→ほぼ全員体育系隊員がやる。毎朝の運動指導、運動会の企画(任意)など、やることが一番多いのでは。毎朝早く起きないといけない、体育のメニューを考えなくてはいけない。でもやりがいのある仕事。
図書委員→図書室の管理。本が好きならいいけど、じゃなきゃ面倒。

隊歌係→若い力、という古い、青年海外協力隊の歌を広める係。積極的に歌う人。そこまで面倒ではないが、班の雰囲気によるかも。
生活技法委員→組織をつくって、生活技法という授業を訓練生自ら作る。自分たちで授業をつくる、という貴重が体験ができてやりがいはあるが、訓練前半にやることが多い。
全体日直→毎週1人。ほとんどの班員がこれになる。木曜~次の木曜日までを担当。1週間毎に入れ替わる。どの週を担当するか選ぶ。中間テストと期末テスト周辺は避けたい。なるべく早くやってしまうほうがいい。これは班で最も人数が多い係。

 

●全体日直は担当の1週間、各々の係を行う。全体日直の係は全てめんどくさいし、毎日行うので、興味がなければ楽なものを選ぶべき。男女の比率で選べないこともある。

朝に作業がある係だと、朝6時集合なので、きつい。俺は早起きも嫌だったし、男女比率の問題で帰寮チェックになった。


朝礼司会→人気者になれる。みんなに顔を覚えてもらえる。
国旗→国旗掲揚。意外とスキルがいる。雨や夕方に下げるのでめんどくさい。
郵便、新聞→楽。
忘れ物チェック、風呂場点検→一番めんどくさいかも。20分くらい時間とられる。男女それぞれの寮の確認、洗濯物の確認、風呂場の確認。
帰寮チェック→22時に入り口で待って、名簿確認。帰ってこない人がいなければ最も楽。

 

●訓練中にブルキナファソでテロがあり、派遣中止になった。ブルキナファソ派遣予定の隊員たちはしばらくの間、任地未定、職種未定のまま訓練をしていた。かなりストレスになっていたと思う。その後、各自JICA側から代わりの要請を打診され、選択権なく基本的に提示されたものに派遣。さすがに学習言語が変わった人はいなかったが、内容が少し違う人はいた。職種は基本、同じものが代案になる。変更後の派遣国が本来二本松訓練所だとしても、基本は駒ヶ根訓練所になった。

訓練後半にはニカラグアが派遣中止になり、卒業しても任国が決まらないという事態もあった。改めて、海外旅行や支援というのは世界平和が前提の平和産業で、自分の身を守ることの大切さを感じた。

 

●朝夜は冷えるが、昼間は太陽が出て晴天になると、半袖でも過ごせることもあるが、4月入所最初には雪が降った。ただ、山間なので基本は曇っていて、寒い。東京と比べると、1,2ヶ月前の気候。4月下旬から5月初旬にかけて、徐々に暖かくなるが、日によっては30度近かったり、かなり寒かったり寒暖差がある。

5月の半ばくらいからだんだん暖かくなってきた。入所当初とは服装も変わって、少しずつ春っぽくなった。5月末くらいからは半袖で過ごす。6月に入るともう汗ばむくらい。

 

●部屋によるが、Wi-Fiはそこまで悪くない。ただし、調子が悪い時もあるのでモバイルルーターを持っている人は持参すべき。特に夜、みんなが部屋でつかうと重いし、途切れる。語学教室の方などは使う人が少ないので、電波が強かった。k人的に一番良いWi-Fiだと感じたのは図書室。強いし速い。駒ヶ根訓練所のWi-Fiは意外と、閲覧規制などはなさそうで、見れないサイトはなかった。雨の日は電波が悪い。

 

●携帯の電波は十分はいる。俺はauだが、全く不便なかった。LINE通話なども問題なし。

 

●増築を繰り返しているので迷路みたいになっている。最初は地図を見ながら行動することをすすめる。

 

●森に隣接しているのが理由か、カメムシがめっちゃいる。部屋の窓を開けているとたくさん入ってくる。においがきつい。あとは蜂、はさみ虫など。ヘビやリス、うさぎ、サルなどもいる。

 

●名前順なので、あいうえお順で後半の人は建物の上の方になるので、階段がきつい。女子寮の方が食堂や講堂と離れている。

 

●お風呂は普通によかった。湯船の水もちょうど良い温度。ぬるい、というブログ記事をみたけど全然そんなことない。水圧は少し弱いけど、気にならない程度。

 

●2週目以降、たまに館内でのID着用チェック(ネックストラップ)や、授業中に部屋の鍵をしているかどうかの抜き打ちチェックがある。

 

⚫︎駒ヶ根訓練所では自転車が無料で借りれる。電動が2台ある。先着順。ヘルメットは必ずしないとダメ。

 

●誕生日の人がいると、祝ってもらっていることが多かった。パーティしたり、顔面にパイつけられたり。俺の生活班では、お酒なしのお菓子パーティとかをしていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180429201527j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134224j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134149j:plain

 

●訓練所内のプリンターのドライバをインストールしないとプリンターが使えないという話だが、インストールしないでも印刷できる(マックは必要)。パソコンに詳しくない人がみんな困っていた。カラーコピーは不可。ファミマで印刷するしかない。 訓練所内で印刷する場合は紙は自己手配。全体日直室に残り紙が置いてあったり、大体だれか持っている。もしくはプリンター内に忘れている事が多いのでそれを使えばいい。

 

●入所直後の集合写真が後日、500円で販売されるがみんな見本を写真に撮っている人が多かった。JOCAのグッズと合わせて、買っている人はあまりいなかった。俺は買った人に借りて、スキャナーでデータ化した。

 

●ドローンを持ってきている人は意外と少なくて、俺入れて2名だった。駒ヶ根訓練所の敷地内は、一応飛ばすことはできる。しかし近隣に民家、高速道路があるので注意。俺はグラウンド上空100mまでしか飛ばさなかった。 

 

●訓練所内の給湯器は熱湯がきちんと出るので、コーヒーやカップ麺などは自由につくれる。

 

駒ヶ根訓練所周辺のレンタカーは2箇所。ニコニコレンタカーがガソリンスタンド併設である。訓練中は車の運転はしても良いので、土日にレンタカーを借りてでかけている人もいた。(正確に言うと、駒ヶ根駅前にも別のレンタカー会社があるが、値段が高すぎる)

 

食事、訓練所周辺の買い物、コンビニ、外出、遊び

 

●食事は美味しかった!朝はコーヒーも飲める。ただし、ご飯の感想は個人差がある様子。俺は十分満足できる量、味だった。体育隊員は足りない、と言って人からもらっていたり、食後に外出してコンビニで買い物をしていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180417075237j:image

食堂

f:id:kurakurakurarin1991:20180417075242j:image

ある日のご飯。朝だけおかずが二択。

f:id:kurakurakurarin1991:20180418121854j:image

カレーがおいしい!!

f:id:kurakurakurarin1991:20180418094127j:image

朝だけ飲める、コーヒーマシーン。味はまぁ、無料だしね。

 

●自販機は駒ヶ根訓練所内に複数ある。缶は100円、ペットボトルは130円、と安い。お菓子などを買えるスペースはないので、多くの人はアマゾンで購入したり、コンビニで買っていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180417075330j:image

訓練所から歩いてすぐ、の駒ケ岳サービスエリア。ここのファミマに何度もお世話になる。

f:id:kurakurakurarin1991:20180429201607j:image

他にも自転車で行けるローソンとセブンイレブンがあるが遠いし、協力隊員はあまり良く思われていないそうだ。(出禁という都市伝説があるくらい)

f:id:kurakurakurarin1991:20180417075314j:image

夜食

 

●入所1~2週間は近所のコンビニで筆記用具(ペンやノート、紙)が品薄だった。みんな買ってる。

 

●訓練所側サービスエリアのファミリーマートはファミポートあり、ATMあり、荷物発送可能(訓練所からは着払いのみ可能)

 

●訓練所から反対側のサービスエリアにはデイリーヤマザキがある。こちらの方がファミマよりも品揃えが悪いが、パン屋がついていて、パンがとても美味しい。ファミマ側のサービスエリアにもパン屋はあるが、昼間しか空いてないし、パンの種類が少ない。でもそこで飲めるサイフォン式コーヒーは訓練所周辺では1番美味しい。

f:id:kurakurakurarin1991:20180423082643j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180423082642j:imagef:id:kurakurakurarin1991:20180423082644j:image

上記3枚の写真はデイリーヤマザキ

f:id:kurakurakurarin1991:20180427114708j:image

ファミマ側のサイフォン式コーヒー

 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104303j:plain

土日はバスが来るのでそれでみんな駒ヶ根駅に行き、飲みに行ったり買い物したりしていた。バスは片道300円。おつりはない。小銭でしか乗れないので注意。この2018年1次隊から平日でも夜22時まで出歩けるようになったので、平日いつでも飲みに行ける。語学に余裕がある人は平日でも外に行っていた。これが駒ヶ根市民の迷惑になっていないといいが。。。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180429133954j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134003j:plain

 駒ヶ根駅前。普通のスーパーがあって、ここまで来れば買い物には困らない。

 

⚫︎みんな大好きベルシャイン。駒ヶ根駅からすこし離れたところにある。訓練生は自転車で行くか、バスで行く。訓練所と駒ヶ根駅をつなぐバスは行きも帰りも必ずベルシャインを通る。

f:id:kurakurakurarin1991:20180512205308j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180512205313j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180512205323j:image

 

家電、服、100円ショップ、美容院、本屋、マクドナルドとかがある。

f:id:kurakurakurarin1991:20180423082600j:image

周辺は眺めが良い。ニシザワというのはどうやら、ベルシャインを運営している会社らしい。

f:id:kurakurakurarin1991:20180423082601j:image

 

駒ヶ根訓練所から約3km

f:id:kurakurakurarin1991:20180506162149j:image

 

亀八

f:id:kurakurakurarin1991:20180613190340j:image

 

 

 

訓練所からのタクシー

 

●かなりお世話になる、タクシー会社は2社。丸八タクシーと赤穂タクシー。丸八の方が台数が多いらしい。訓練生が夜出歩く時はかならず予約しておいた方が無難。地元の人も使うので、予約でいっぱいってこともあった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180520192435j:image

 

ーーーー

語学について

 

●ネックストラップの色で語学は別れている。青は英語、黄色はフランス語、赤はスペイン語、、、など。

 

●やはり一番苦労していたのはみんな語学。特に初めて習う言語の人たちは苦労していた。もし、勉強したことのない言語の要請の場合は、入所前にやっておいたほうが絶対楽だし、入所後困らない。入所後は実際、自習の時間はない。夜の時間は結局みんなと話すし、夜は早く寝ないと朝が保たない。あまりにもできないと呼び出されるし、授業初日から呼び出されている人もいた。

 

●クラスにより内容が全然違うので、レベルや内容はバラバラ。入所後のレベル分けテストにより、クラスが決まる。先生の判断で生徒のレベルに合わせてクラスを変えてくれることも稀にある。

 

●2018年1次隊は火曜日の午後2コマが予防接種。人によって、予防接種のスケジュールや本数が違うのだが、少ない人はかなり時間がある。そうでなくても、火曜日は自習時間が多いことが多い。なので俺は火曜日にワークショップ資料を作ったり、エッセイを書いたり、作業が多い宿題を行っていた。

 

●過去には厳しい先生もいて、語学テストでダメだったら問答無用で派遣中止にしていたらしい。

 

●フランス語のエマニュエル先生は馬に乗って通勤している、という設定がある。 

 

●先生により、宿題の分量は全然違う。これはもはや運。全くない人もいれば、軽い人、たくさん出す人もいる。

 

●クラスによって違うが、俺の場合(英語、中の上くらいのクラス)は特に用意するものはノートくらいで、毎回の宿題もクラウドサービスで提出や、紙は先生が用意してくれた。JICAのオリジナルテキストがあるが、俺の先生はほぼ使わず、会話をメインとした授業が多かった。なので、電子辞書(スマホでもok)や文法などの教科書程度しか使わなかった。

 

●英語の人はテクニカルクラスがある(他言語はほぼなし)。そのクラスではワークショップを実際に行うので、自分の要請や趣味に関する物はなにか持っているとやりやすいかも。

 

●俺は個人的に自習は単語練習アプリのiknow!を使って勉強していた。

iknow.jp

 

●語学で不安や相談があったらスーパーバイザーの石田さんのところへ行ってみよう。とても親身になって相談にのってくれる。とてもよかった。ただし、クラス編成や授業内容について相談にのってくれるだけで、具体的な教材や文法などを教えてくれるわけではない。

 

 ●語学のクラスリーダーはめんどくさいので、できればやらないほうがいい。利点もなし。

 

●語学交流会は英語以外は楽しそうだった。俺は英語だったが、正直あまり話すこともなく(話すことはできたが)普通だった。日曜日の自由参加も参加したが、フランス語やスペイン語の訓練生の方が楽しそうだった。それらの言語の訓練生は参加を薦める。 

 

ーーーー

持ち物

 

●部屋に鏡がないので、置き鏡があると便利

 

●懐中電灯は何に使うの?という感じだけど、あった方が便利。夜、訓練所の外にでると真っ暗なので、懐中電灯(スマホのライトでもいいけど、懐中電灯があった方が良い)がないと車にひかれたり、歩道の側溝に落ちる(実際に落ちてケガしたひといた)。と同時に、部屋に用意されている反射板のタスキも必須。恥ずかしいかもしれないが、ないと運転手側から見えなくてまじで危ない。

 

●ドライヤーは部屋では使えない、というルールになっているがけっこうみんな使っていた。特に女子はみんな部屋で使っていた。

 

●授業中は蓋のあるタンブラーなどのみ使用可能、とあるが実際は自由で、マグカップ、紙コップとか普通の缶でも大丈夫だった(ただし先生による)

 

●標高の高さもあるが、天気が良いので日差しが眩しい。サングラスはあった方がいい。俺は昼間や外に出る時はほとんどサングラスをしていた。天気の良い日に中庭でゴロゴロするのも気持ちいい。

 

 

●コップ、小さなカゴはリサイクル品でもらうことができる。 ただし、大きなものはないので、個人によって使いやすいものを使う。入所すぐになくなるので、入所日当日にすぐ取りに行こう。場所は食堂の前。

f:id:kurakurakurarin1991:20180419075226j:image

 

●延長ケーブル必須。部屋にコンセントは実質5口しかないので、意外と足りない。

 

●部屋の鍵を持ち歩く、キーホルダーやナスカンはあると便利。俺はネックストラップにキーホルダーでつけていた。

 

●忙しいと洗濯もあまりできないので、バスタオルは3枚持ってきた。あまり気にならない人は1週間洗濯しないで過ごす。俺は頻繁には洗わないで乾かしながら使っていた。

 

●スピーカーは部屋での勉強に役に立つ。ブルートゥースだと便利。ANKERのものは安くて音も良い。

 

●部屋がかなり乾燥しているので、(特に寒い時期)ハンドクリームやリップクリームは必須。加湿器は部屋に最初からあって、十分可動する。

 

●突っ張り棒。服が少ない人はいいが、俺はハンガーでかけたかったので、駒ヶ根訓練所入所後にアマゾンで購入した。ちなみに部屋の壁から壁は約2m。

誰もこんな突っ張り棒を買っている人はいなかったが、俺には必需品だった。

 

●マグネット付きのフック。部屋の扉が金属製なので、そこにつけることができる。常に携帯してなくてはいけないネームプレートや鍵をかけて、俺は忘れないように、紛失しないようにしていた。

 

●クリアファイル、ガムテープ、書道グッズ、囲碁、将棋、ペン、紙芝居、けん玉、封筒、軍手などは全体日直室にリサイクル品が置かれている(案内がないのでみんな知らない)もらってもよいが、数は少ないのであてにしないほうがいいかも。

 

●クリアファイルは必須。何枚もあった方がいい。特に、語学のプリント類と授業のプリント類が大量になる(訓練所内はスキャナーがくそなので電子化も不可)のでよく使う。

 

●ハンガーは持ってこなくてもよい。部屋に5個、乾燥室にたくさんあるので、俺は部屋に持ってきて使っていた。

f:id:kurakurakurarin1991:20180624145443j:plain

しかし、安っぽいハンガーしかないので、スーツ用の肩が厚いハンガーや、ズボンハンガー(クリップのやつ)、スーツ用ハンガー(スーツケースに一緒にはいっているような、ズボンを折りたたんでかけられるやつ)はない。俺は大事なシャツとかスーツがあったので、いくつかは家からきちんとしたハンガーを持っていった。

 

●ピンチハンガーはリサイクル品があると聞いていたが、なかった。乾燥室にいくつかあったが、部屋に持ってきて私物化するのは無理。数が少ない。ピンチハンガーは1個自分で買った。

 

●風呂場のドライヤーは備え付けが3台あるが、弱い。男子風呂だからか、しょぼかったので俺はドライヤーを持参した。(部屋では使えない)どうせなら、海外でも対応のやつを買ったほうがいい。この青いパナソニックのやつは風力も強いのでおすすめ。

女子の方も備え付けはあまり良くなかったらしく、途中で壊れたそうだ。女子は大体ドライヤー持参。禁止されているが、部屋や洗面所で使用している人が多かった。

 

 ーーーー

駒ヶ根訓練所の設備、様子、写真

 

●自室

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104153j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104154j:plain

 

6畳くらいかな。机とか棚は備え付けである。1枚目写真左奥が小さいクローゼットになっている。ベッドは固めで腰が悪い俺には安心。暖房はヒーターがついてる。窓からは女子寮(2号館)が丸見え。部屋に収納はまぁまぁ。俺は服が多かったので全然入らなかった。後日、突っ張り棒を購入した。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180509170532j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180509170541j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180509170535j:image

入所当初の空の自室。この写真に写ってる設備は元々備え付け。

 

その後、飲み物を箱で買ったり(毎日自動販売機やコンビニで買うのが面倒くさい、お金がかかる)、任地の先輩に聞いて必要なものを買い足したりしていって、どんどん部屋の物が多くなってきた。訓練所内で最も物が多い、と言われた。。

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134352j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134359j:plain

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104159j:plain

食堂。1次隊は208人いたので、いつも長蛇の列。早く行くことをすすめる。友達をたくさん作りたいなら、あえて遅れていって、1個だけ空いている席に座るのも良い。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104208j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104207j:plain

ロビーには各国の民族以上やパンフレットなど、展示がされている。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134456j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180429134509j:plain

訓練所前の道。毎朝走った。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104218j:plain

中庭。写真中央の建物角に室内喫煙所がある。卒業式のことには緑でいっぱいに。

 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104225j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104230j:plain

森のステージ。舞台の背景がガラスになっていて、とても綺麗。はやく新緑にならないかな。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180419203034j:image

体育館。空いていれば使える。予約も可能。大体毎日、なにかやってた。意外とフットサルは少なくてバレーとバスケが多かった。床は悪くて、ツルツル。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104228j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104233j:plain

駐車場。ここで朝の運動をする。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104232j:plain

グラウンド。あいていれば勝手につかってよい。土のグラウンド。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104252j:plain

テニスコートもある。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104240j:plain

グラウンドから2号館に向かう途中。右側、女子の部屋が丸見えなのでビビる。

 

 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104245j:plain

外出用に自転車が借りられる。2台だけ電動自転車があるので、先着。坂が多いのでできるだけ電動自転車を使いたい。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180613190418j:image

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104244j:plain

男子の洗濯物エリア。空気が乾いているので洗濯物は速攻乾く

 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408105022j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408105027j:plain

お風呂場周辺。牛乳瓶が売っていた(90円)のは嬉しかった。

f:id:kurakurakurarin1991:20180512205133j:image

f:id:kurakurakurarin1991:20180512205137j:image

風呂場。浴槽に入れるのは17時以降のみ。露天があれば最高だけど笑

毎日大きなお風呂に入れるのは幸せだった。

 

でも、飲み会後とかはうるさいし、湯船でふざける人も多くて、そういうのが嫌な人は体育館横のシャワー室を使っていた。ほとんど共有風呂場を使わず、シャワー室ですます訓練生もいた。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408105031j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408105036j:plain

連絡掲示板。なにか集まりとかお菓子パーティがあったら恥ずかしがらず行ったほうがいい。絶対おもしろい。他には、サッカーしますとかバンドやりたいとか書いてあった。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408105041j:plain

森のステージ向かいにある喫煙所。こちらはロビーとは違い、屋外。風が気持ちいい。俺はこっちのほうが好きだった。

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104254j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104307j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104314j:plainf:id:kurakurakurarin1991:20180408104332j:plain

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104259j:plain

図書室。映画、CD、テキスト、ガイドブックなどなど、ありとあらゆる資料があって、すごく面白かった。主に、語学、過去隊員の報告書(PCで閲覧)、国別資料、職種別資料、過去隊員のアルバム、協力隊会報誌があった。報告書はデータでは持ち出すことが出来ない。色々と方法を試してみたけれど、さすがにセキュリティがしっかりしていて、無理だった。この場で印刷して、それをスキャンするしかデータ化方法はない。 

 

f:id:kurakurakurarin1991:20180408104258j:plain

英語の教室。俺はブライアン先生。宿題提出のために教室は24時間空いている(盗難とか大丈夫なのか)ここで自習している人もいた。

 

運転免許証更新

派遣される2年間は運転免許証はほぼ使わないが、更新してから行っておいた方が2年後楽。聞いた話だが、更新切れで手続きがめんどくさくなったり、執行扱いで手間がかかることもあるらしい。

運転免許証更新についてはこの記事にまとめました。

kurakurakurarin.hatenablog.com